香川真司とサッカー好き

香川真司を中心にサッカーで気になった情報などを記事にしていきます!また、アニメも大好きでアニメ情報についても書いていきたいと思います。

サッカー選手に多い怪我であるグロインペイン症候群とは何か?原因と治療法も

time 2015/12/16

サッカー選手に多い怪我であるグロインペイン症候群とは何か?原因と治療法も

グロインペイン症候群

 

サッカーをやっている人や見ている人は一度は聞いたことがあると思います。

 

今回はこの病気について書いてみたいと思います。

 

グロインペイン症候群とは

 

鼠径部(そけいぶ)の痛みを主症状とする症候群。鼠径部痛症候群。スポーツ選手に多いためスポーツヘルニアとも言われる。特にサッカー選手に多く発症し、中田英寿、中村俊輔、ジネディーヌ・ジダン(フランス)、ロナウド(ブラジル)などが罹患している。股関節への過度な負担や周辺の筋肉疲労などにより発症し、腹部に力を入れた時などに鼠径部(両脚の付け根付近)・下腹部・太ももの内側・睾丸の後ろ側などに痛みが生じる。治療にはマッサージ・ストレッチング・筋力トレーニングなどが用いられるが、一度発症すると治療に長時間かかることが多い

引用元:コトバンク

 

股関節周囲の痛みがグロインペイン症候群ですね。

どんな症状??

サッカーをやっている人ですと、ボールをキックをするときに股関節周辺に強い痛みを感じます。

 

治療方法は??

グロインペイン症候群にはこれをすれば治る!

といった具体的な治療方法がありません。

 

ですので、安静するのが一番です。

 

最近では、カイロプラクティック治療で矯正を主とした治療がお勧めされています。

ストレッチなどで、恥骨に掛る負荷を取り除いていくわけですね。

 

また、手術という方法もあります。

サッカー選手の中村俊輔選手は、この病気を手術出直しています。

 

しかし、グロインペイン症候群は、様々な症状の総称で原因が特定出来なければ手術をしても意味がない可能性があります。

 

手術をする際は慎重に行ったほうがいいですね。

 

原因は何か??

この病気はサッカーをやっている人に多いのですが、ボールを蹴る動作そのものが原因になっているといわれています。

 

ランニングによる過剰負荷だったり、急激な捻転や方向転換も原因の一つとしていわれています。

 

つまり、サッカー選手にとっては職業病みたいなものですね。























down

コメントする




24時間ランキング



プロフィール



ジュビロ磐田とドルトムント大好きです。

当ブログでは香川真司関連のドルトムント情報とジュビロ磐田情報をメインに、なでしこや日本代表のサッカー選手情報を記事にしていきます。 また、アニメも大好きでアニメ情報についても書いていきたいと思います。